Page: 1/1   
UTY「ニュースの星」で「カリー屋アウル」が!
何週かにわたって「カレー特集」をするそうで、
山梨各地の10店舗ほどが紹介される中のひとつがウチ。

今日打ち合わせで報道部ディレクター兼アナウンサーの名執瞭子さんご来店。
「峡北方面でどこ取材しようかと思っていて、清里の珈琲屋さんのお客さんたちに
聞いたらたらアウルさんが美味しいと。私も何度か来ていてそう思っていたから」
と何ともありがたいお言葉を頂きました。

本当にTVは苦手ですが、久しぶりに良いCMにもなるし、
思い切って出させていただくことにしました。

取材は今週に決まりですが、オンエア日を聞き忘れています。
緊張のあまり何かやらかしたりしないで、
無事に収録できましたらお知らせしたいと思います。

by taeko
| owlstyle | 16:34 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
アウルのカレーうどん
インドカリーを原点とする『カリー屋 アウル』の味を残して
カレー南蛮うどんを商品化します。

スパイスの量を調整したり、種類を減らしたり。
そばつゆとのバランスを変えてみたり、生クリーム入れたり。
ああでもない、こうでもないと試行錯誤。
続けて試食すると舌が麻痺するので、間隔を開けて。


鍋焼き風

食器等の仕様もいろいろ考えています。
終盤に差しかかり、今回から記録をしていこうと、写真に収めました。
寒い内にデビューさせたいので、1月を目標に頑張っています。

しばしお待ちを。

by taeko
| owlstyle | 09:38 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
菅原文太さんご来店
若い方たちには「千と千尋の神隠し」の釜じいの声をやった人。
と言った方が通りがいいですかね。

目深にかぶった帽子。
座るなり「とにかくチャイね」と言われ、その声で
あ〜、文太さんだ!と分かりましたが、大人の私は素知らぬふり。
奥様と塾生さん?風のおふたり連れでした。

鶏カリーと野菜カリーで一食になっているツインプレートをご注文。
ご飯は少し多かったのか、塾生さんに分けていらっしゃいましたが、
きれいに完食!!

というだけの話しですが。。。

「あ、私20歳のとき、奥様に呼ばれてお家に伺ったことがあります」
と言いたかったけど、とにかく三連休。それどころではありませんでした(涙)

という自慢も少し。。。

by taeko
| owlstyle | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「佐藤ファーム」タマゴ無償提供 チャリティーカリー 
今回の震災で私にできること。
考えて真っ先に思いついたのがこのチャリティーカリー。
OWLのカリーを600円で提供。内100円を募金させていただくというもの。
後になって、お客さんから「既存するカリーの一部を募金にあてればいい」と言われました。
ごもっとも。
でもそこはもう引けない感じでして。


佐藤ファームのタマゴが美味い

そんな私の行動に、即協力体制を敷いてくれたのが、
白州でも有名な、こだわり平飼いタマゴの「佐藤ファーム」の佐藤ジョージ氏。
全面には出ないけど、
「心からこうした活動に関心をもっていて協力は惜しみません。足りなかったら言って」
と応援してくれる、誠実で私の信頼している人。

1回目のタマゴカリーはリピーターさんまで出てしまい、
コマーシャルする間もなく、終了。

今回は2回目。タマゴたっぷり協力してもらい
体によくて味のいいチャリティーカリー、できました。

by taeko
| owlstyle | 00:24 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
カスピ海ヨーグルトのこと
カリー屋アウルにとって、ヨーグルトはスパイスと同様に大事な食材のひとつ。
8年とか9年前に知人に勧められて作り始めたのがウチに来たきっかけ。
その後カリー屋になるということになって、カリーはもとより、ラッシーにも使うことに。

衛生面とだいたいの温度管理ができれば、ほぼ永遠に食べ続けることができる(はず)。
でも、性格(?)のためか、数回ダメにしている。
そんな時は私がヨーグルト種を譲っていた何人かの友人に頼る。
今回は、自分の朝ご飯のためにマジメに楽しく作り続けている人に連絡をとった。
この男性、ヨーグルト種を冷凍にして解凍の方法を研究したり、
会う人会う人にカスピ海ヨーグルトの良さを勧めている。
趣味の域に達しちゃっているんだ。きっと。


完璧なヨーグルト種

いままで種に呼吸が必要と、ティッシュをふた代わりにしていたけど、
呼吸は器に2センチの空間があれば十分で、ティッシュでは雑菌が素通りしてしまうので×。


こんな風がいいらしい

by taeko
| owlstyle | 14:06 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
心のこもったクリスマスプレゼント
mixiで知り合い、マイミクになった知人がお友達と来店してくれた。

清里の老舗飲食店のお嫁さん、というか、すでにオーナー然としているが笑
シーズン中はメチャクチャ忙しく働き、この季節は冬眠。
「やっと来れた!これ、ささやかなおみやげ」と差し出す袋にはサンタさんのイラストが。
もうそれだけで嬉しい。


手編み食器洗いは即!使用のため、写真には入っておりません。

開けると可愛らしいチョコレートやコーヒーと一緒に、手編みの食器洗いが。
アクリル毛糸で編む、激落ちのアレ。
私も、いつか編もう編もうと思って今日に至る。

さりげないプレゼントにとても嬉しかった私。


黄色と赤色のチョコのオーナメントはツリーに飾って。

by taeko
| owlstyle | 00:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
常連客Nさんからのクリスマスプレゼント
「カフェ」の常連客Nさんから電話があり、薪材をいらないかという話。
早速待ち合わせて連れて行ってもらうと
幹線道路から少し入った場所に桜などの広葉樹が何本か倒されて
持ちやすい大きさに切られている。

Nさんのお仕事は「生活支援業(便利屋さん)」。いろんな依頼が来るそうで
今回は石垣を積むのに邪魔な木を伐採して処分してほしいというもの。
「カリー屋」にも来てもらったことのあるNさんが
薪ストーブがあるなら薪にしたらと声をかけてくれたのだ。




トラックを持っていないので軽ワンボックスで2回に分けて満載。



持って帰るとかなりの量に。身体も心も温まる。
来シーズンのためにせっせと割って薪作りをしなければ。

Nさん、温かなクリスマスプレゼントをありがとうございます。
「カフェ」にも薪ストーブを置きたいんで、これからもヨロシクお願いしま〜す!

by masami
| owlstyle | 14:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「カリー屋 アウル」が久々に雑誌に掲載。
「先日、たまたまウチの編集人がそちらで食事させてもらい、おいしかったので」
と京阪神エルマガジン社から、取材したいとの電話をもらった。
『Meets Regional うまい旅 関東篇』という、
全ページカラーの、集客を期待できる本だ。
断る理由がない。



で、出来あがった記事がこれ。
このあたりでは老舗であり、超有名な「アフガン」さんとウチが見開きでズドン!!
こんなの聞いてないよ〜。しかも「VS」と(汗)。
ま、ま、ウチが仕掛けたわけでもないので、ご容赦を。



お忙しい方、51ページ、51ページだけ見てくださいね(笑)。

by taeko
| owlstyle | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode