Entry: main  << >>
甲斐犬の魅力
今年始めに逃走し、4ヶ月後に奇跡の生還を果たした「コタロー」。
先日無事に里親さんが決まり、東京までお届けしてきました。

こうした経緯があったからかもしれませんが、
「機会があればもう1度甲斐犬の世話をしたい!」という気持ちがあり、
先輩ボランティアさんにお願いしてみました。
「ちょうどブリーダー宅で役目を終えた2才の女のコが居る」
ということで引き取りました。
「シャイだからゆっくりね。ケージのまま運んで」と言う先輩を横に、
あっという間にどこを触っても大丈夫なくらい仲良しになりました。



一代一主を本能とする甲斐犬には「絶対にキミを幸せにしてあげる」という
気持ちで接すると伝わるんだと思います。
(まあ、どんな犬にもそう接するのを常としていますが)
あとタイミングですね(笑)
うちのダンナは2日経って、散歩もしたしご飯もあげているのに
まだ「う〜〜」と言われています。
「スゴい気分いいでしょ」と苦々しそうに言っています。
気分いいです。

とは言え、みな何らかの事情を背負った状態でウチに来るので
軽卒に接するのは禁物!!
・・と頭では分かっているのですが。

by taeko
| owlstyle | 14:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode