Entry: main  << >>
長崎・軍艦島&瀬戸内海クルーズ
廃墟と船旅好きのカミさんのたっての希望で実現した旅。
軍艦島についてはカミさんが前回のブログで書いたので
今回はこの旅の全体の流れを…。

朝8時自宅近くの長坂ICを出発したバスは一路大阪へ。
夕暮れ迫る大阪南港フェリーターミナルを「名門大洋フェリー」は出航。


荷物を持ったお年寄りには…いや、私にもこのタラップはキツイ!

初体験の二等洋室は狭い通路の両側に二段ベッドが4〜6個並ぶレイアウト。
暑すぎた空調とエンジンの振動で熟睡できないまま早朝の福岡新門司港着。バスはそのまま長崎へ。
午前は眠い目をこすりつつ長崎原爆資料館、平和公園などを見学。


平和公園…何か怒ってる?

天候によっては1/3はできないという軍艦島上陸だが、
予定の日程(3日目)では上陸が怪しいとみた添乗員の機転でこの日の午後に変更。
このツアーのメインイベントは無事達成できた。これにはカミさん大満足!
ちなみに3日目だと上陸できなかった(汗)。


上陸者には上陸証明書が発行される

翌日は坂本龍馬ゆかりの風頭公園、亀山社中跡、グラバー園などをまわり


風頭公園の龍馬像


龍馬達が日本で初めてつくった会社といわれる「亀山社中」跡


長崎市街を臨む龍馬通り…カーブミラーに

午後は福岡太宰府天満宮経由で門司へ。

太宰府天満宮…何撮ってるの?

帰りのフェリーは修学旅行の中学生で満室状態(フーゥ!)だったが
おかげで船室は特別二等に…各ベッドにテレビが付いてカプセルホテルの様。


朝日の中の明石海峡大橋はとてもきれい

大阪からは道も空いていて予定より2時間近く早い帰宅となった。



幕末の混乱、原爆投下の悲劇、そして高度成長期を支えた炭坑の閉山。
日本史のターニングポイントに関わってきた長崎の魅力を再確認できた旅。
移動、移動で結構ハードな3泊4日だったが、この充実感はハマるかも(笑)。
カミさんに感謝!

by masami
| owlstyle | 13:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode